このサイトではオシロスコープの水平システムとアクイジション・コントロールに関して解説をしています。
波形を適切な状態で測定する事はシステムの状況を確認する上で非常に重要なポイントとなっており、そのための様々な手法を知ることが非常に重要なポイントとなります。
特にサンプリングの適切な選定を行うことがより正確な情報を入手するポイントとなるため、これらの方法と効果を十分に知ることにより、効果的な測定を行うことができるようになることが大切です。

オシロスコープの水平システム|アクイジション・コントロール

オシロスコープの水平システム|アクイジション・コントロール オシロスコープで波形を測定する際に重要なポイントは、水平システムの特性を駆使して最適な状態に設定を行うことです。
特にサンプリングの方法で、細かな状態を確認することが必要となるため、その状態によって効果的な設定を行うことが求められることになります。
アクイジション・コントロールはこれらの設定を細かく行うことができるほか、サンプリングした情報を水平システムの効果を変化させながら取得することで様々な角度で情報を得ることができるようになるのがポイントです。
オシロスコープの測定で誤りやすいのは、最適なアクイジション・コントロールの設定を行わずに波形を測定し、詳細な情報の取得を見逃すことであるため、この点に十分に注意をしなければなりません。

オシロスコープの基本部分ともいえる水平システムとアクイジション・モード

オシロスコープの基本部分ともいえる水平システムとアクイジション・モード オシロスコープは電気信号の変化を読み取ってグラフとして表示する機械のことで、壊れた電子機器の故障部分を特定したり回路作成の際に確認のために用いるなど様々な使い方ができます。
もちろん測定する場面によって求める規模や電気信号の種類が異なるため、それを調整する機能が搭載されているものがほとんどです。
そしてその機能のひとつが水平システムで、オシロスコープの基本とも言える要素です。
ではどのような時に水平システムを使用するかというと、グラフとして表示される結果を横の方向、すなわち水平の範囲で手を加えたい時です。
ただグラフを移動させるだけでなく、位相を軸ごとで別の捉え方をしたり、範囲を拡大するといった使い方もできます。
そうしてひとつの計測結果の表示を求める形へと変化させていきます。
そしてそんな水平システムと密接に関わるのが、アクイジション・モードです。
アクイジション・モードの中にもさらに複数のモードに分かれていて、計測の際に決めたサンプル・ポイントで表示される内容を変えられます。
その機能の中には時間軸の設定によって通常では上手く捉えられないものを把握したり、平均値を元に表示を決定するといったことができます。

オシロスコープの動作原理とは基本的なポイントについて

オシロスコープは研究開発分野においてなくてはならない測定機器ですが、その動作については分かっているようで知らない人も多いのではないでしょうか。アナログタイプのオシロスコープは、プローブ経由で入力信号が垂直回路に送られ、感度設定に応じた減衰や増幅が行われる仕組みです。偏向板に加えられた電圧で電子ビームが上下に移動したり、入力信号トリガ回路に入り水平方向の掃引が行われるのが特徴です。一方、デジタルタイプのオシロスコープはアナログ信号をデジタル信号に変換して、それを波形として表示する仕組みとなります。つまり入力信号や前段はアナログであって、変換処理によりデジタル的に波形を扱ったり、鮮明な表示が行えるようになっているわけです。実際にはデマルチプレクサや取得メモリなどを通り、一度波形をメモリに保存してから画面に表示されます。このように、オシロスコープはアナログとデジタルで動作に違いはあるものの、基本的にはアナログで共通点も少なくないことが分かるのではないでしょうか。

オシロスコープとデジタルオシロスコープの違い

オシロスコープとデジタルオシロスコープの違いは、データの測定方式にあります。一般的なオシロスコープの場合には電圧や電流の変化をプローブの部分で検知しこれを内部の電流に変換するため、非常にアナログ的な方法となり連続的にこれらを測ることができると言う特徴を持っていることから、より高速な連続的な変化に追従することができるものとなっています。しかしその反面実際の電流を測定することができるタイミングにズレがあり、時間的に厳しい状況では正確に測定をすることができません。そのため主にアナログ回路の測定に向いているものとなっています。デジタルオシロスコープはデジタル的なサンプリングを用いて測定する方式となっていることから、短い時間での変化を捕まえることができずに誤差が生じると言う問題を持っているのが特徴です。主にロジック回路の電圧や電流を図るときに利用されるものとなっているため、その違いを認識して使用することが大切です。

電気信号の測定器・オシロスコープと正弦波について解説

オシロスコープとは、オシレーションすなわち電気的な振動を画面に表示する装置です。時間とともに変化する電気信号を、グラフの形で表示させます。画面に表示される水平方向が時間軸を、垂直方向が電圧を示しています。機器の性能の質は、波形を正確に再現できるかを表す度合いであるシグナル・インテグリティの高さで決まります。 海岸に打ち寄せる海水はもちろん、音や脳など繰り返し起きる現象を波と呼び、オシロスコープは電圧の波を測定する機器です。示される波形は、電圧が時間とともに変化したさまを波として図形的に表現した結果です。水平に真っすぐな線が示されたなら、観測時において電圧変化がなかったことを意味しています。 波形の種類は方形波や矩形波、鋸歯状波などさまざまなものが挙げられますが最も基本的なものが正弦波です。数学的に調和の取れた波であり、サイン波とも呼ばれます。AC電源すなわち交流のコンセントの電圧波形は、正弦波となります。

オシロスコープが故障したときの対応について

オシロスコープとは電位の周期的な変化の波形を二次元のグラフに示したものであります。通常、画面表示の横軸は時間を縦軸は電圧を表しています。技術の進歩で最近では高周波信号まで観測でき、波形の分析、高速現象の観測などいろいろな分野で使われているのが現状です。古くからあるのがブラウン管オシロスコープであり、陰極線菅オシログラフとも呼ばれています。デジタル式オシロスコープと区別する意味でアナログオシロスコープとも言っています、このアナログ式のときは故障する頻度が高く、故障した場合の対応は、購入店で調べてもらい、作った会社で修理していました。修理に時間がかかることが難点だったようです。しかしデジタル式になると性能が格段に上がり、故障することはほとんどなくなっています。ただし使用頻度にもよりますが、一年に1回はメンテナンス作業を必要としますので専門店でオーバーホールしてもらうことが肝心です。目にする機会が少ない装置ですが、まさに縁の下の力持ちなのです。

もっとデジタルオシロスコープを知りたい

デジタルオシロスコープ